ペディキュアのためにもクリアネイルショットを

ペディキュアのためにもクリアネイルショットを

ペディキュアって今でもこの言葉が残っているか不明ですが、昔は足のネイルをペディキュア、手の爪はマニキュアと言っていました。

 

爪水虫に感染すると、爪の表面の凹凸によりペディキュアができません。ましてやフレンチネイルやビジュー付きのアート系は絶対に無理ですよね。

 

しかもそんな爪を人に見せるのも恥ずかしいと思います。そこでクリアネイルショットです。これなら、薬局や病院に行くことなく、北の快適工房という販売元の公式ホームページから通販が可能となっています。

 

クリアネイルショットは薬ではないので、通販が可能なのです。なぜクリアネイルショットが薬ではないのか?

 

それは天然成分で、爪水虫の原因となっているカビの一種(白癬菌)の繁殖を防ぎ、治しているようなものばかりが配合されているからなのです。

 

ポイントは成分だけではありません。どれだけ深く爪やその周りの皮膚に浸透していけるのかは成分にもよりますし、クリアネイルショットそのものの粘性にもよります。
クリアネイルショットを開発販売している「北の快適工房」では成分にこだわるだけでなく、成分が原因にアプローチして結果を実感できるかどうかまでモニターテストをした後に商品化をしています。

 

つまり北の快適工房で商品化されているものは、すでに使った人が満足した、効果を実感したというものですので安心です。
しかも、クリアネイルショットの効果実感度は81%にも及びます。もちろん効果を実感できなかった人もいます。

 

そういう人はほとんどが即効性を期待しているために、水虫治療に時間がかかる塗り薬では、満足度が低くなります
クリアネイルショットや他市販の水虫塗り薬では、水虫完治までに約1年以上はかかると言われています。

 

ジェルを使い始めて3か月ぐらいから改善がみられ、完全に爪がきれいになったと思っても、まだ少し続けるとして、やはり1年程度は考えておいたほうがいいと思います。
しかも、塗り薬よりは即効性のあると言われる内服薬ですが、副作用がありますので、まず妊婦や授乳中のママにはNGです。

 

副作用は肝臓に負担がかかる、胃の不快感、嘔吐、胃痛など色々ありますので、どうしても早く治してネイルしたい!という人は皮膚科に通うようにしてください。
ただ、天然成分で安全に治そうと思えば、一番良いのはクリアネイルショットです。

 

クリアネイルショットの主成分である竹酢液は昔から民間療法で、あらゆる感染症の治療に使われてきた実績がありますので、白癬菌退治にも有効なのです。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら