病院に行くと爪水虫になっていました

病院に行くと爪水虫になっていました

爪水虫に感染してしまいました。最初に気になったのが足の爪が変色していることで、爪の先が白く変色していました。

 

そのときにはかゆみなどの症状はなかったので、そのまま放っておいたのですが、徐々に白くなっている範囲が広くなってきたことや、少しずつかゆみが出てくるようになりました。

 

靴を履いているときには特に違和感も強くなってきて、夜寝ているときにもかゆくて日常生活にも支障ができるようになったので、近所にある皮膚科の病院に行って診察をしてもらうと、爪水虫に感染していることが分かりました。

 

爪の組織をとって調べてみると、白癬菌が多く発見されたので、しばらく病院に通って治療をすることになりました。
病院では塗り薬を処方してくれたので、毎日お風呂に入って足を清潔にした後に、丁寧に薬を塗りこんでいます。

 

薬を塗るようになってからは、今まで気になっていたかゆみも無くなって、白く変色していた爪も以前のように綺麗なピンク色に戻りました。

 

今までは爪水虫はおろか、水虫にもなったことは無かったので、どのように対処をすれば分からなかったのですが、適切な処置をしてくれたので、一ヶ月に一度のペースで通って、トータルで三ヶ月程度で治療が終わりました。

 

 

市販薬で爪水虫を治す注意点

以前私は爪水虫になった経験があります。私の持っていた水虫のイメージは、足の指と指の間が痒くなったり、ぐちゅぐちゅになったりするイメージで、まさか自分が知らないうちに水虫になっていたとは、思ってもみませんでした。

 

私がなった爪水虫は、痒くなく、ぱっと見普通でしたが、靴を履いた時爪が押されて痛みを感じることがありましたが、靴擦れのようなものだと思っていました。あるとき爪水虫になった友人との話で、症状を聞くと自分と同じだったのでそこで自分が掛かっていると思いました。

 

薬局に行くと、いろいろなメーカーから市販薬が販売されています。その中から選んで使ったのですが、良くなっているのかどうか良く分かりませんでした。元々症状がほとんどなく、靴を履いた時に痛みが生じたり、爪を押すと痛いだけだったので、治って来ているという見た目の判断が出来ませんでした。

 

1ヶ月くらい同じ薬を使い続けたのですが、やはり効果が良く分からず、改善しているのかも分からなかったため、初めて病院へ行きました。やはり爪水虫に掛かっていました。病院の医師に市販薬を1ヶ月程使用した旨を伝えましたが、やはり市販薬の多くは即効性は低く、時間が掛かると言われました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら